連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

e-スプール

ケーブルドラムに対する選択肢 ― ケーブルに無理をかけず、種々の媒体を確実に供給

ごく狭い空間で多数の異なるケーブルをガイド。 eスプールは独特の方法でニ種類のエネルギー送達法を連結します: ローラーが標準型eチェーンをガイドし、内蔵された巻戻しスプリングがケーブルの長さと引張力を常に最適に調整してエネルギーを送達します。 初期位置でeチェーンは省スペースで完全に巻き取られています。ツイスターバンドがローラーと、常設ケーブルのインターフェースとなるシャフトブロックを接続します。

ケーブルに引張り負荷がかからない

種々の媒体および直径をドラム1個に収納可能

あらゆる方向へのエネルギー供給が可能(水平、垂直、対角線状を全てチェーン1本で具現)

省スペースで、「チェーンの絡まり合い」なし

下部走行部は停滞せず、ストローク経路は障害物フリー

ケーブル径17mmまで

eスプール  

典型的な産業分野および適用例

テレスコープ装置

照明/舞台技術

ジグザグストロークに対する省スペースの選択肢


eスプールシリーズの適用領域:

非常に狭いスペースで種々のケーブルをガイドすることが求められる場合

種々の媒体(電気、エアー、液体)を一括して一つのシステムで供給することが求められる場合


以下の場合は採用しない:

ケーブルの曲げ半径が大きい場合

垂直方向へのガイドにかかる荷重が非常に大きい場合


 

 
 
高い屈曲性:

スリップリング式のコンタクトと異なり、データや、圧縮空気、液体等の供給ケーブルも全経路においてまとめて送達できるだけでなく、それらを何時でも交換したり、変更できます。

 
eスプール用の一般的な収納規則

eスプール内では機械的な負荷が特にかかるため、イグスのチェーンフレックスケーブルを使用することを推奨します。 さらに次の収納規則を守ることを推奨します:

リニアチェーン内では、ケーブルは横にのみ並べて配置できます。 複数のケーブルを上下に 重ねないでください!

ケーブルにシールドがない場合、できるだけTPE外被を備えたケーブルを使用してください。

シールドされたケーブルはCFROBOTシリーズのものを使用してください。

ケーブルは、可能であればセパレーターにより、交差したり摩耗することがないように互いに保護します。
省スペースのために、セパレーターは並んでいるセグメントに交互に取り付けます。

ケーブルを直径または曲げ半径に応じてソートして入れます。
薄く小型のものを内側にし、外へ向かうにつれて、より大きなサイズのものを入れます

ケーブルの両端にケーブルクランプを配置。 ケーブルタイの結び目は、チェーンの方向に取り付けないでください

ツイスターバンド内のケーブルは、常に回転軸に近く、外側にスペースが生じるように配置します。

ツイスターバンド内のケーブルは、常に回転軸に対して間隔をあけて配置します


取付けについての注記
水平方向に移動する用途では、エナジーチェーンが移動する面は
滑らかな状態でなければなりません。