連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

高温使用が可能なエナジーチェーン

ポータルフライス機に、頑丈で温度耐性の高いエナジーチューブ

使用材質の特性が850℃の高熱切粉をはじき、焼け跡が残ることもありません。 分岐器メーカーのポータルフライス機に、エナジーチューブを後付けしました。 熱い切粉が常に飛散する、そして温度負荷が非常に高い使用条件で、エナジーチューブはスムーズに走行しています。 トラブルによる機械停止は、すでに過去のものとなりました。

路面電車の分岐器 - 独モーゼル地方

フォスロー・レーイス社の子会社(独トリアー)は路面電車の分岐器を、個々のカスタマーの仕様に応じて提供しています。ここでは切断、穴あけ、フライス機と並び、CNC制御ポータルフライス機が2002年以降、使用されています。 高温の切粉からケーブルを保護するため、保護管には密閉タイプのエナジーチューブが選ばれました。 作業条件は非常に厳しいため、これまでのケーブル保護管は通常、最長9ヶ月で交換が必要でした。 現在は、イグスの高温対応型エナジーチューブを使用。 イグスは2006年初頭、新素材「イグミットHT」を発表。この素材は、ケーブル保護管にかかる熱い切粉(850℃まで)を、焼け跡を残すこともなくはじきます。 イグス標準製品E2のエナジーチューブはすべて、またE4エナジーチェーンは両側開閉型が、この高温対応素材ですぐに納品可能です。

完全密閉型のエナジーチューブ - 分岐器のポータルフライス機に

 
あらゆる産業に、製品パーツ組合せ式でリーズナブル価格のソリューション

チェーン長さ61リンク、ストローク9mまで、最高テーブル速度10m/minでは、フリースパンが長いため、システムE4旋回型取付けブラケットを使用します。 これに、くし歯型ケーブルクランプも接続します。 内部の仕切りとくし歯型ケーブルクランプで、ケーブルはきちんと収まります。 こうしたコンポネントすべてが効力を発揮し、エネルギー供給システム全体の安定性と耐用性を高めます。 密閉型エナジーチューブは、ドライバー1本でカバーが簡単に開閉、組立てができます。 そのため、ケーブル収納後もメンテナンス、運転停止時間が最小限に抑えられます。 こうした使用では通常、密閉型システムが、熱、湿度、汚れからケーブルを保護するのに強味を発揮します。 設備の新規導入時だけでなく設備追加時も、設計が細部まで行き届いているため、非常に迅速な適合が可能です。

ストロークが長いので、システムE4が選択された

 

密閉型エナジーチューブは、熱い切粉が飛散しても問題ない。 溶融、焼け跡も残らない

 

従来のガイドチャンネルをそのまま使用

 

エナジーチューブへの交換は、問題なくスムーズに行われた

 
ここで使用された製品については、こちらをご覧ください。
さまざまな分野での使用事例は、こちらをご覧ください。