連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

ラベラー(ラベル貼り機):リニアブッシュ、送りねじナット使用事例

イグスの無潤滑な高性能ポリマーが、Krones社ラベラーの様々な設定を実現

1つの装置で1時間に最大5万本の容器にラベル貼付 - この数字だけでも、Krones AG社で新しく開発されたSleevematic TSの性能を十分物語っています。同社は、旧シリーズとの比較においてシステムの性能を倍にすることに成功しました。 主な要因は、従来型のラベルカットの代わりに、小さな穴が開いたラベルを使ったことによります。長年にわたりKrones社でその真価を発揮してきたイグスの無潤滑すべり軸受も多数使われています。

Krones AG社は1951年に設立された、ドイツのレーゲンスブルクに近いノイトラウブリングに本社を置く会社です。 同社は主に飲料機械や食品機械の製造販売をしており、単なる機械のサプライヤーというよりシステムのサプライヤーとして自社を位置づけています。 「我々は、お客様の要望に合わせてすぐに使えるシステムを提供しています」Krones社のジョセフ・メイヤー氏は説明します。 「これには、飲料製造、包装、ラベリングから検査、パレタイジングまで、すべての工程が含まれます。」 ラベリングには様々な方法があります。Krones社が採用したのは、Sleevematicシリーズの伸縮ラベルです。

Sleevematic TS 自動ラベラー

Krones AG社のラベリングマシンSleevematic TSは、たった一台のユニットで1時間に最大5万本の容器にラベルを貼ることができます。

 

イグス製品が、Krones社の「Sleevematic TS」機で使われています。

 

高性能の新技術

Krones社のSleevematic TSには先進的な技術が採用されています。 名前のTSは「Top Speed」を意味し、このマシンはまさにその通り動きます。 この装置が一台あれば、1時間に最大5万本の容器にラベルを貼ることも可能です。 「シュリンクラベラーはニッチな事業としてスタートし、今は一大製品へと発展しました」メイヤー氏は語ります。 ボトリング工場においても、より高速な運転やより高速なラベリングなど、さらなる高性能への要求があります。 Krones社は、Sleevematic TSの性能において大きな一歩を踏み出しました。旧シリーズと比較して、ラベル貼付量が倍になったのです。
 
新モデルでは、ラベルシートにミシン目加工がされているため、旧モデルのように1つ1つラベルをカットする必要はありません。そのためカット用の測長も不要となり、スリーブラベルの連続的な動きを可能にします。 Sleevematic TSには、切断ブレードの代わりに、回転式のミシン目カッターが使われています。 生産高の増加に加え、カッターの寿命が大幅に長いこともメリットです。 以前の4つの切断ブレードは約500万カット使用できましたが、今回の2つのパーフォレーションカッターは最大7,000万カット使えるよう設計されています。

試行錯誤を重ねた製品への信頼

Krones社のモジュラーコンセプトに基づき、Sleevematic TSでも標準品を利用しました。 同社は、モーション・プラスチック カンパニーであるイグスに信頼を寄せて、様々な調節ユニットや可動部品にイグスの無潤滑樹脂製品を採用しています。 食品飲料業界では、消費者保護のための高度な安全基準が適用されるため、信頼できる無潤滑の製品を使用し、食品や飲料へのコンタミ対策は設計者にとって重要なポイントです。 そのため、幅広いイグス製品が「Sleevematic TS」機で使われています。 ベルトステーションとスリーブブラシに使われている無潤滑の樹脂製送りねじナットやリニアブッシュ(ドライリンR)をはじめ、入口と出口のセンサーにはドライリン リニアガイド(ドライリンW)、予備収縮工程の手動調整用ハンドルやガイドローラーの高さ調節にはドライリンSLWスライドテーブルが使用されています。

イグリデュール フランジ型台形ねじナット

台形ねじとイグリデュールJ樹脂製フランジ型ナットが使われているベルトステーションの左右方向の調整。 無潤滑・無給油で、汚れに強い。

 
イグリデュールJ フランジ型ナットとFJUMTアダプタ

イグリデュールJフランジ型ナットとFJUMTアダプタを使用したベルトステーションの高さ調節。 汚れに強く、洗浄しやすい。

 
台形ねじナットと一体型ポリマー製ベアリングRJMP

台形ねじナットと一体型ポリマー製ベアリングRJMPを使ったスリーブブラシの高さ調整。これにより、非常にコンパクトで費用対効果の高い動作を実現しました。

 
台形ねじナットと一体型ポリマー製ベアリングRJMP  

イグスはKrones社にガイドローラーも供給しています。これは、2つのクシロス ポリマー製ボールベアリングとアルマイト処理アルミニウム製チューブを使った一体型のシステムです。 以前は、同じ部分に金属製ベアリングを使用していました。 しかし、動きが滑らかでなかったため、ロールが停止してラベルバンドがただ「すべっている」ことがありました。 イグスのクシロス ボールベアリングは慣性質量が小さいため、このような問題は過去の話です。クシロス ボールベアリングでは、転動体のガラス製ボールを樹脂製ケージが保持しています。 ボールベアリングの内輪と外輪は高性能樹脂のクシロデュール製で、優れた摩耗特性、摩擦係数が特徴です。

ガイドローラー

ドライリンSLW-1040スライドテーブルにアングルドライブ、アクセサリを取付けたガイドローラーの高さ調節。 アングルドライブを付けたことで、より使いやすくコンパクトな調整ユニットを実現しました。 調節可能なローラーがミシン目の位置を決定します。ガイドローラーは、お客様の用途に合わせてカスタマイズされた完成品として納品されます。

 
ガイドローラーコンフィギュレータ

オンラインコンフィギュレータを使えば、クシロスを使った個別のガイドローラーをわずか数ステップで構成することができます。

 

イグスのホームページにはガイドローラー用のコンフィギュレータがあり、ユーザーはわずか数クリックで用途に合う部品を簡単に構成し、オンラインで見積り依頼を行うことができます。 ここではイグスが納品前にガイドローラーを組立てるため、組立て時間が大幅に削減できることがメリットです。 「我々は、高い品質はもちろん、単なる製品以上のものを提供してくれるパートナーシップを頼りにしています」メイヤー氏は説明します。 「そのため、サプライヤーが良い製品を提供してくれるだけでなく、組立てやシステムを完成させてくれることも我々にとっては非常に重要です。 この点でも、イグスとは非常にうまくいっています。」
 
Krones社とイグスのパートナー関係は25年以上前にさかのぼります。 「協力関係は非常に良い状態です」メイヤー氏は続けます。 「現場にサポートに入ってくれるので、非常にうまくいっています。例えば、どこかのカタログで見たある製品が合うかもしれないと考えることがあります。 しかしイグスの場合は担当者がいるため、試作品の段階であっても、いつでも正しく最適なソリューションを迅速に提供してくれます。」 イグスも協力の恩恵を受けています。お客様の新しいアイデアや取組みは新製品の開発へとつながり、常に革新への流れを後押ししてくれます。

使用されている製品はこちら
幅広い分野で採用される興味深い他の使用事例はこちら: