連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

ベアリングの可動アプリケーション

包装容器産業で使われるベアリング
設計条件は、「軽量」で「省スペース」

KHS Maschinen- und Anlagenbau 社(ドイツ・クレーフェ)が手掛ける「Innopack CSM」 (CarryStripMaster)は、収縮包装からペットボトル、テトラパック、トレーまで 様々なタイプの包装を運搬ハンドルで行います。できる限り軽量且つ小型であることが要求される、ダイナミックな装置ヘッドのメインパーツにイグスの製品が使われています。 KHS社によって新しく全面開発された、この「Innopack-CSM」の装置ヘッドは、装備されたシンプル設計の圧力センサーを通して、要求に合わせた設定が行われ、すぐに最大70個の包装を、キャリアハンドルで行うようになりました。 この操作は、トラック数を1~3で選択でき、1分間に最大 210個の包装を可能にします。 作業に求められる高い動性と正確な位置決めを実現するため、アプリケーションヘッドの設計には、「軽量」と「省スペース性」以外にもさまざまな条件が必要です。

製造コストの削減,低い摩擦係数,長寿命化, 無潤滑, メンテナンスフリー, 減振,
技術設計担当のTilo Lechner 氏とLudger Paul氏によると、 KHS Kisters社の「Innopack CSM」, 樹脂製ベアリングと ロッドエンドベアリングは不可欠であるとのことです:「重量、スペース、コストに関する要件を考慮すると、樹脂製部品に変わるものはありません。イグス製品の採用で、我々がかかえていた問題が解決しました。 それまでにもいろいろなプロジェクトでの協力関係があり、イグスという会社が優れた開発力を持つことも知っていました。 プロジェクトサポートは、最良のものでした。」

KHS「イノパックCSM」のアプリケーションヘッド

KHS社のアプリケーションヘッド

 

アプリケーションヘッドには、高い負荷容量と衝撃吸収性に優れるベアリング数個が使用されています。 1つには圧力センサーシステム用の旋回ポイントと、もう1つにはローラーベアリングとして機能するの旋回ポイントを見つけなければなりません。それにより、ボールベアリングより軽量で、設置スペースはそのままで、内部寸法がより大きなものを扱うことができるようになります。

摩擦及び摩耗耐性

イグスのイグリデュールG製ベアリングが、KHSのアプリケーションヘッド2カ所で使われています。 経済性の高いオールラウンドプレーヤー「イグリデュールG」は、低から中速使用で、高過重の用途に適しています。 自己潤滑機能があるので無潤滑運転が可能、そしてメンテナンスフリーで、汚れや粉塵に強いのが特長です。 全てのイグリデュール製ベアリングと同様、使用されている高性能材質は、ポリマーをもとに、ファイバーとその他の混合物でできています。この材質の使用により、摩擦係数が低いことで、摩耗をできる限り少なく抑えることができます。
イグリデュールG 製ベアリングは、これらの特性に加え、化学薬品に対しても優れた耐性を備えています。 ほとんどの潤滑剤が、影響を与えません。 また、有機・無機弱酸に対しても同様です。 湿度吸収率がとくに低く、摩擦係数が最小なので、イグリデュールJは「包装容器産業向け」材質です。 「Innopack CSM」では、素早い動作用にも、スローな動作用にも対応できる機械部品のメーカーが、非常に低い摩擦係数を保持し、スティックスリップ現象を最小限に抑えることができる部品を提供しています。中程度の負荷で高スピードと優れた耐摩耗性を要求される設備での使用に適しています。

「イノパックCMS」キャリアハンドル・ディスペンサーのアプリケーションヘッド

 
その他の使用事例
その他さまざまな分野での使用事例は、こちらをご覧ください。