連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

コーティングされたガイドローラーに樹脂製ベアリング

クシロス樹脂製ボールベアリングB180が、コーティングされた複数のガイドローラーに使用され、材質に関する基準を提示しました。 ボールベアリングが中間ドライブの手前の圧縮ローラーに使用されています。そこでは、圧縮ローラーがドライブローラーに合わせて圧縮の度合いを調整しています。 ガイドローラーと中間ドライブのコンビネーションは、製品を動かすだけでなく、材質の表面の張り具合を調節しています。そのためガイドローラーの位置を変えることで、中間ドライブを通る製品1つ1つに対し、異なる巻き込み角度が設定されています それぞれ異なるコーティングを施したローラーを使用して、送られてくる材質を守り、コンディションをよりよく保つ役割も果たしています。

以前使用されていた金属製ボールベアリングは、潤滑油を使用しない限り、摩擦係数を低く抑えることができませんでした。そのため、現在では無潤滑のクシロスポリマー製ボールベアリングが、それらの金属製ボールベアリングの代替として使用されています。 金属製ベアリングは、コストがかさみ、納期が長くかかりました。

以前使用されていた金属製ベアリングと比べると、新開発のポリマー製ボールベアリングには次のような利点が見られます。

摩擦が少ない

軽量

潤滑材が不要

低コスト

納期が短い


クシロス ポリマー製ボールベアリングはコストを半分に抑えることができます。 その上、軽量で摩擦係数が低く無潤滑であることが、この設備には適していました。

使用事例はこちらから

その他の製品

その他関連製品・使用事例

その他の分野での使用事例は、こちらをご覧ください。

コンテスト「マヌス」へ