連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

1分間に60個のブラシを製造

概要

  • 要望: 回転および直線動作向け高性能ポリマー製品
  • 製造方法: 射出成形、および丸棒の自社加工
  • 要件: メンテナンスフリー、保守不要、高い耐久性、高い剛性、高速・高加速
  • 使用製品: イグリデュールJ、イグリデュールG、リニアブッシュRJM/RJMP、ドライリンT リニアガイド、ドライリン スライドテーブルSLWE-PL、ドライリンW-1660
  • 産業: 産業機械
  • お客様のメリット: メンテナンスがほぼ不要、わずか55日間で8,000kmに到達するも摩耗なし

イグリデュール丸棒から自作: ロータリーインデックスマシンFP 900 Bのグリッパー イグリデュール丸棒から自作: ロータリーインデックスマシンFP 900 Bのグリッパー

メンテナンスフリーのすべり軸受が高速稼働の製造システムで実力を発揮しています。

世界的に知られる工業用ブラシ製造機メーカーWöhler Brush Tech社は、同社の機械の多くのベアリング部にイグスのすべり軸受を使用しています。

工業用ブラシの使用は、歯医者のデンタルケアから塗装、研磨、道路清掃まで多岐にわたります。これらのブラシはサイズや毛の原料(押出加工品、合成繊維、天然の馬毛・豚毛)が異なるだけでなく、デザインも様々です。 フラット型の他、セグメントブラシ、ラウンド型、バーストリップブラシ、ノットホイールブラシなどがあり、いずれも特殊な用途に対応します。

世界で知られる特殊機械メーカー

サイズ、毛の材質、ブラシの形状に関わらず、世界中の工業用ブラシメーカーの多くがドイツのWöhler Brush Tech社の機械を使っています。 Wöhler社は75年以上にわたってブラシ産業界で存在感を示してきました。 同社は、本体や固定パーツの射出成形、あるいは毛の押出加工から始まる全工程手順を含む、手動/自動ブラシ製造のための包括的なシステムを提供しています。 機械のデザインは完全にモジュラー式のため、特定の要件に合わせてカスタマイズできます。 このため、機動的な設計プロセスが可能です。 顧客の要望に基づき、高速な生産スピードも実現可能です。Wöhler社の1分間当たり60個のフラットブラシを製造するシステムは、ブラシ製造能力の非公式な「世界記録」です。

Wöhler社のフラットブラシ製造機 1分間あたり40個のフラットブラシを製造するWöhler社の代表的な機械

高加速 - 微細な粉塵

同社の機械の運転を観察すると2つのことに気が付きます。 1つ目は、ブラシ製造では多くの動作が調和している必要があり、それらは高速でストロークが短いということです。 2つ目は、毛の切断で微粒子や埃が出るため、ベアリングは良く検討して選定する必要があるということです。

そこで、Wöhler社の機械設計者は基本的な決定を下しました。 多くの回転・直動部に、イグスの高性能ポリマー製ベアリングを採用したのです。 プロジェクトマネージャー兼デザイナーのマーティン・ドレン氏によると、「ベアリングは切粉にもかかわらずメンテナンスフリーで、予防保全も不要です。 そのため、弊社のお客様にとっても非常に使いやすいのです。」 “

ドライリン リニアガイド 毛くずの問題: ドライリン リニアガイドは、塵埃への耐性があります。

丸棒から自作したベアリング

現在製造中のFP 900 Bを例に取ると、採用されているイグスのベアリング製品がよく分かります。フラットブラシ用の40本の柄が、中央の回転リングに固定されます。ドレン氏はイグリデュール丸棒でグリッパを製造しました。「我々は丸棒を自社加工して使っています。 グリッパはボールベアリングやカムフォロアを必要としないシンプルなデザインで、非常に長寿命です。」
 
イグリデュールJは、すべり軸受材質の中でも高速と低速、両方に最適です。 Wöhler社はイグリデュールGも多く採用しています。 これは、中~高荷重、中程度の表面速度および温度の用途に適した汎用的な材質です。 Wöhler社は通常、リニアガイドにはイグリデュールJ、回転・揺動運動にはイグリデュールGを採用しています。

既存軸の改造: 8週間後8000kmに到達

豊富な実績に基づき、イグスの無給油ベアリングは常に既存の機械やお客様へ新たな選択肢を提供します。 例えば、Wöhler社は顧客の機械の既存駆動システムを改良しました。 ドレン氏によると、「フィラメント製造に使われていた既存パーツには、歯付きベルト駆動のボールブッシュが含まれていました。 我々は軸にすべり軸受を導入することを提案し、顧客を納得させることができました。 」
 
現在、歯付きベルト駆動リニアアクチュエータはイグリデュールJ製リニアブッシュでガイドされています。Wöhler社はさらに、丸棒を機械加工してベアリングインサートを作りました。 結果は驚くべきものでした。使用されている機械において、軸は摩耗の兆候もなくわずか55日間で8000kmを走行しました。イグスの営業コンサルタント、マルクス・クラインは説明します。「そのような場合、我々は面圧と耐用年数を非常に保守的に計算し、実用的な試験を推奨します。 」テストは完全に満足のいく結果を示しました。 高加速・高速にもかかわらず、イグリデュール製リニアブッシュは実力を発揮しています。しかし、これらは直線のガイドのみに使われるべきで、横方向の力やねじれの吸収には向きません。

回転・直動向けの幅広いベアリング製品

シリンダーのガイドに関しては、フラットブラシ製造機FP 900 Bの複数の軸受箇所に、RJM/RJMPシリーズのリニアベアリングを採用しています。 ドライリンT リニアガイドが複数の軸のフォーマット調整に使われています。 例を挙げると、接着剤の塗布後ブラシを平らにする際は、比較的高い力とすき間のないフォーマット調整が必要になります。 Wöhler社の機械設計者は、ここにドライリンSLWE-PLシリーズのスライドテーブルを使用し、直径16mmの軸で高い剛性を確保しています。 さらに、Wöhler Brush Tech社のブラシ製造機には、ドライリン W-1660のダブルレールも使用されています。

イグリデュール すべり軸受 シリンダーのガイドに関して、Wöhler社はRJM/RJMPシリーズのリニアベアリングを頻繁に採用しています。
ドライリンTと送りねじ駆動スライドテーブルSLW ドライリンT リニアガイドと送りねじを組み合わせたスライドテーブルSLWがフォーマット調整を担う。 ブラシの毛をきれいに整えている。

「フィット」のためのサービス

この特殊機械の設計エンジニアは、製品と共にイグスのサービスにも満足しています。 ドレン氏によると、「すべてのベアリングがオンラインで見積りできるほか、価格表も確認ができます。 適切なCADデータもすぐにダウンロードできるので、設計時のタイムロスがありません。」
 
イグスのホームページでは様々な製品や材質の比較が可能で、この機能は頻繁に使用しています。「技術的に優れている製品、あるいはより低コストなソリューションがあるかどうか、すぐに確認できます。 」 このため、Wöhler社の設計部では頻繁にイグスのホームページにアクセスしています。「軸受箇所にイグスのパーツが使えるかどうか常にチェックしています。」 “

イグスのサービスとコンサルティング Wöhler Brush Tech社との良好な協力関係: プロジェクトマネージャーのマーティン・ドレン氏(右)、イグス営業コンサルタントのマーカス・クライン。

採用されている製品

その他の使用事例はこちらをご覧ください。