連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

イグスのトライポロジー研究: 摩擦や摩耗に関する試験施設

イグスの社内試験施設について:

イグスには業界最大規模の試験施設があり、エナジーチェーンや可動ケーブルを始め、無給油ブッシュ、ポリマー製ベアリング、リニアガイド、送りねじ&ナットなどの各試験を行っています。

広さ2,750m2の社内試験施設

エナジーチェーンの180の試験設備を使用した年間4,100の試験: 気候試験室、屋外テスト、音響試験室、130mの走行試験、産業ロボット取付試験など

耐屈曲ケーブルの年間20億テストサイクル

年間100万の電気測定データセット

トライボロジー(摩擦や摩耗)特性試験を300の試験設備で15,000回実施

すべり軸受の140兆回のテスト走行



続きを読む...

すべり軸受・無給油ブッシュの試験施設

すべり軸受・無給油ブッシュの試験施設  
 

弊社ではすべり軸受/無給油ブッシュ「イグリデュール」について、各用途における適合性や寿命を確認するため、様々な試験を実施しています。一例として、直動や回転、揺動時の摩耗や摩擦係数の試験があります。温度や荷重、摺動速度などの各パラメータは、試験ごとに設定可能なため、多様な条件下でのシュミレーションを行うことができます。

エナジーチェーンおよびチェーンフレックス試験施設

エナジーチェーン試験施設

エナジーチェーン&チェーンフレックス試験装置

 

試験施設の紹介

 

弊社では研究や試験に裏付けされたデータと長年の蓄積された経験から、安全性とコスト削減を同時に実現します。エナジーチェーンは、180の試験装置による年間3,000の試験を実施し、苛酷な使用条件にも確実に対応します。安全性をさらに高めるため、弊社では常に材質の改良をしています。

約20年前からは、チェーンフレックスの系統的な試験も社内試験施設にて実施されています。現在、耐屈曲ケーブルに対する800以上の試験が並行して行われています。可動ケーブルの標準的な規格や基準を上回る試験や製造規格を適応しているため、実際の可動要件にも確実に対応します。

冷凍倉庫内での試験

この試験用冷凍庫では-40°Cまでの低温環境下における製品試験が行えます。低温周囲温度での耐久性と寿命測定が可能です。このように苛酷な条件下での試験をクリアした製品は、実際の厳しい環境にも耐え抜きます。

 
リニア用途向けテストスタンドを装備したドライテック試験施設  

リニアガイド、直動ユニット試験施設

ドライテクノ試験施設ではイグリデュール製品だけでなく、ドライリン・リニアガイド、スライドテーブル、送りねじナットもテストされます。 試験では各種材質の組合せによる摩擦や摩耗特性に重点が置かれています。お客様の仕様条件での試験も可能です。詳しくはお問合せ下さい。

多軸組立ロボットの試験施設

ロボリンクは低コストで簡単に、カスタマイズされたオートメーションを実現します。ロボリンク試験施設では各コンポーネントの機能、寿命、強度が試験されています。

ロボリンク・ジョイントの耐久テスト  
クリーンルームテスト  

クリーンルーム試験

弊社ではクリーンルームにおける要件に対応した製品も提供しています。この分野では特に持続的な品質改良が必要とされます。

騒音試験

騒音試験も実施されています。例として、リニアガイドや丸軸レール、ミニチュアレールにおいて試験が行われています。これら製品は、比較可能な金属製品との比較試験において作動中の騒音が計測されます。

屋外試験

屋外試験  
 

大型のケーブル保護管「エナジーチェーン」も実際の条件下での試験が可能です。長ストロークでのエナジーチェーンの挙動は、特殊な試験設備を用い、センサーで計測しながらテストされます。これにより、弱点箇所が検出され製品寿命や開発設計の持続的な改良に役立ちます。

お客様の使用条件での試験も承ります

すべり軸受イグリデュール、エナジーチェーン、チェーンフレックス可動ケーブル全てにおいて、お客様の使用条件でのテストも承っております。詳しくはお問合せください。