連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

完全なる信頼性はわれわれのすべてです。

特殊用途の建設機械:高速稼動する複合工作機械の電力供給で使用されているハーネス済みエナジーチェーン

電力供給システムは、特殊用途機械製造のような極めて過酷な環境下でも、その信頼性を証明しています。 組立時間を大幅に短縮して生産の経済性を上げるには、ハーネス済みのエナジーチェーン以外にほかありません。 品質とサービスがよければ、長い協力体制を築くことができます。

われわれのコア・コンピタンスは輪転グラビア印刷板です。ミュンヘンの。。。。説明します。 約80名の従業員 この会社は輪転グラビア印刷におけるシステム内蔵プレートの製造とシリンダー加工をオーダーメイドで提供しています。約10,000m2の工場敷地には最新技術を使って設計・製造された輪転グラビア印刷装置とそれ用のシリンダー機械があります。 社歴の節目となったのは、1978年に初めて完全自動輪転グラビア印刷ラインをイラストレーション印刷に取り入れたことでした。これにより、輪転グラビア印刷板の製造コストは大幅に削減されました。 さらに、1988年に開発したアダプターなしのシリンダー保管施設に連結した完全自動シリンダー製造ラインにより、事業はさらに拡大しました。

特殊機械製造

ステファン・ボブリッツ氏は言います。「われわれの設備に使用しているエナジーチェーンには、概して大きな負荷がかかります。 “

 

IIizehoe市にある物流会社バウアー・ロジスティック・システム社が、2000年に関連会社になりました。 2002年、ヘル・グラビア・システムズとの共同事業が開始し、シリンダー製造におけるシステムサプライヤであるキャスパー・ウォルターをついに設立しました。 「私達は典型的な機械・設備製造会社ですが、あらゆる大手印刷所に技術的なアドバイスを提供します。 また、二つの関連会社とともに、一括提案ができるようになったのです」と、社長は言います。

大きな価格圧力

「私達は極めて複雑な機械・設備のコンポーネントサプライヤーを信頼しています。」クリストフ・Gschoßmann氏は言います。イグスの電力供給システムは、少なくとも15年使用しています。 それらは基本的に、大きな張力のもとで稼動することになります。 ストローク距離に応じて、開閉型、密閉型の中から様々なタイプの保護管を使用しています。 環境条件によっては、ESDバージョンのものも使用されます。

社長は続けます。「この業界での価格圧力は非常に大きくなってきているので、我々は今後発生するであろうコストをできるだけ削減していかなくてはなりません。 そこで、ハーネス済みエナジーチェーンシステムが重要な役割を果たすのです。 私達はその技術と経済的利点を完全に生かしていきます。」

オリバー・フェヒナー氏(左) ステファン・ボブリッツ氏(右):「我々の新開発-グラビアシリンダーの旋盤・破砕・研磨装置-にはハーネス済み電力供給システム。 これが市場のスタンダードになるでしょう」

 
特殊機械製造

他の軸に使用されている電力供給システム。 これらは、長期にわたって一括システムとして機械部品に供給しています。

 

ハーネス済みエネルギー供給システムはケルンの会社から「レディチェーン」という名前で納品されています。 チェーンフレックスケーブルを充填したシンプルなエナジーチェーンシステムから、複雑なシステムまで、お客様の仕様に合わせて組み立て、期限までに納品されます。 どんなロットサイズも可能です。 「システムに関しては全責任を引き受けますので、お客様は自社のコア・コンピタンスに集中していただけます。」イグスの製品マネージャー ミカエル・オフナーは言います。 「さらに、全てのシステムは納品前に使用試験を行いますので、安心です。 “

悪環境条件

「私達の機械と設備は、主に電気めっきの中で使用されます」工学学位を持ち、設計・開発部の責任者であるオリバー・フェヒナー氏は一般的に悪条件であることに触れます。 「電力供給システムにとって害となるものに直接はさらされることがなくても、湿気を通して一時的に化学物質と接触することになります。 そこで、機械は汚れ耐性を備えている必要があり、一方でケーブル保護管はきわめて堅牢でなければならないのです。さらに、負荷となるものがあります。 印刷店で使用されているわれわれの機械は24時間休みなしで完全自動稼動しています。 そのため、信頼性が極めて重要なのです。 ケーブルや保護管の破断は許されず、かつ、システムはできるだけメンテナンスフリーで稼動する必要があります。」オリバー・フェヒナー氏はキャスパー・ウォルター社が重要とする点を強調します。 Walter.

可動式制御パネルに使用されて炒る密閉型電力供給システム。切粉や他の海外製素材の浸透を防ぎます。

 

複合工作機械のレディチェーン

「私達は旋盤・研磨機でハーネス済みの電力供給システムを1年以上使用してきました。」オリバー・フェヒナー氏は言います。 これは、輪転グラビア印刷シリンダーの旋盤、破砕、研磨の高速仕上げ複合機械 'Finishing Center CFM Compact'.にとって重要なことです。 このユニットは自動製造ラインに組み込むことができます。 これは包装印刷分野で使用されています。 「私達はこの仕上げ複合機械を業界の標準としようとしています。合計7台の小型電力供給システムを使用しており、そのうち2台がハーネス済みのレディチェーンです。」クリストフ・Gschoßmann氏は言います。 6台が軸の稼動に、1台は制御キャビネットに使用されています。「製版キャリアには最初からレディチェーンを考えていました。 ツールシャフトの稼動スピードは9m/分・ストローク長さはおよそ2.5m。 そこで成功したので、次は可動式制御パネルにプリハーネス式を取り入れることにしたのです。」オリバー・フェヒナー氏は言います。 「そして私達の将来的な展望は、6軸すべてにプリハーネス式を使用し、複合工作機械の完全な部分品として納品することです。」 39型の電力供給システムが使用されています。 この型は同サイズの保護管の中でも標準的なものになります。ほぼ全ての用途において、簡単な組立、安定性とコストパフォーマンスのバランスが良いのが特徴です。 他のものと違う点はデュアルストップシステムで、耐摩耗性をもち、狭い設置スペースにも適しているところです。 とくにダブルストップシステムが特徴的で、耐摩耗性に優れ、狭い設置スペースに適しています。 長距離走行においても、フリースパン走行が可能です。 「たとえば、切粉からケーブルを守る密閉型デザインは制御パネルで使用されています。一方、他の全ての電力供給システムは機械の筐体の中で保護されています。」と、ステファン・ボブリッツ氏は言います。ハーネス済み電力供給システムは最低でも150の部品で作られています:ケーブルタイプ、ホース、コネクター、マグネット接点センサー、ラベル 他のものと比べて、チェーンフレックスケーブルはその優れた曲げ耐性で、制御・エンコーダー・コンバーターケーブルとして万能性を証明します。 仕上げ複合工作機械は小さなラインを含むので、出費を抑えたリーズナブルな構造を作り上げることができました。 私達に言わせると、もはやこれは自然に売れる製品です。 発注にかける努力はほかの購買部よりもはるかに少なく済んでいます。 注文する品番を伝え、設置に間に合うように納品されるハーネス済みエナジーチェーンを受け取るだけでいいのです。」ステファン・ボブリッツ氏は経済的な利点を指摘します。

長いストロークで使用されているエナジーチェーン

長いストロークで使用されているエナジーチェーン

 

製造の低い位置での垂直範囲

「印刷会社へのサプライヤーは、深刻な変動に影響を受けやすいものです。」最後に社長はこう締めくくります。 「競争で生き残るには自社の機械と設備で長期的に成功を収めるだけです。」 ハーネス済み電力供給システムによって、組立時間と納入時間は減ります。購入代金と保管コストもかなり抑えられました。 会社は注文の変動に柔軟に対応することができます。 「10年前は今以上にずっと高い位置での垂直統合が考えられましたが、いまや時代に沿ってはいません。 近年、私達は、イグスのようなその分野のスペシャリストである市場のパートナーを探しています。 追加部品を購入して組み立てるだけです。 遅かれ早かれ、私達の製造ラインの全てがハーネス済み電力供給システムになることが予想できます。」クリストフ・Gschoßmann氏は将来についてこう語りました。 「これまでの経験はどの場合においても非常に素晴らしいものでした。」

ここで使用された製品については、こちらをご覧ください。
さまざまな分野での使用事例は、こちらをご覧ください。