配送先を選択して下さい

国/地域ページの選択は、価格、配送オプション、製品在庫など様々な要素に影響します。
連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055
JP(JA)

ドライリンSLS 送りねじサポートブロック 金属製ボールベアリング付き

製品情報
耐食性の送りねじサポートブロック
ドライスピン レーザー焼結サポートブロック
 
ねじサイズ6~24mmでは、実用的な送りねじサポートブロックが利用可能です。 取付オプションは、すべり軸受タイプ、または高加速用のボールベアリング(BB)タイプがあります。  すべての送りねじサポートブロックは、適合する送りねじクランプリングと同様に、硬質アルマイト処理アルミニウム製です。
 
► 無潤滑・メンテナンスフリー
► 送りねじ支持用ハウジング
► 設計のための取付穴
► 位置表示器や手動クランプなどアクセサリの接続も可能
► 焼結で作成したサポートブロック、ねじ径6mm以上の送りねじ用
► 台形ねじ、およびドライスピンねじ用
 
FL: フィックスベアリング、アルマイト処理クランプリング、右ねじ、イグリデュールすべり軸受
LL: フローティングベアリング、イグリデュールすべり軸受
LH: 左ねじ(オプション) TR10, TR2, TR10, TR3のみ
 
 
_________________________________________________________________________________________
 
なぜ異なるバージョンがあるのでしょうか?
 
ベアリングの取付けは、明瞭性の原則を満たす必要があります。 さらに、ベアリングは力の流れを既定通りに制御できるようにしなければなりません。それが可能であれば、そのベアリングは静的に決定されていると考えられます。ベアリングには、フィックス/フローティングベアリング両面フローティングベアリング
など複数のオプションがあります。 
 
フィックス/フローティングベアリング:
フィックスベアリングは、シャフトを軸方向に明確に位置決めします。 そのため、フィックスベアリングは半径方向と軸方向の両方の力を吸収し、それらを周囲の構造に導く必要があります。 これは、基本的には一つのベアリングで実現できます。フローティングベアリングは、平行度の誤差を最小限に修正し、熱膨張機能を備えることでケーブルにストレスを与えません。
 
フィックス/フローティングベアリングのメリット
► 軸方向のすき間なし
► (温度などに起因する) 深刻な軸の膨張なし 
► 変動するアキシアル荷重に適する
► 作用する力の明瞭性 
 
 
両面フローティングベアリング:
両側フローティングベアリングでは、送りねじは軸方向に明確に固定されていません。 つまり、ベアリングに負荷を与えることなく、機械的または熱的な長さの違いを吸収することはできますが、送りねじのふらつきに対する保護はありません。この点は、特に位置決めアプリケーションを扱う際に考慮しなければなりません。
 
両面フローティングベアリングのメリット:
► 優れた費用対効果
► 低いコスト
► クリアランス箇所で (温度などに起因する) 深刻な軸の膨張なし 
 
デメリット:
► 軸方向に明確に固定されていない
► 変動するアキシアル荷重には適さない 
► 軸方向のクリアランスが機能を損なわない場合のみ
 
 
_________________________________________________________________________________________
 
バージョン 
 
フィックスベアリング (FL)

ねじ寸法に応じて、クランプリングを送りねじ自体に固定するタイプと、送りねじの外径に固定するタイプがあります。 多条ねじの場合、クランプするのは常に外径です。
 
► 注記: また、お客様の用途に合わせたサポートブロックを選択し、測定値d1を使用して旋削/機械加工された端部にクランプすることも可能です。
 
 
フローティングベアリング (FL):
送りねじ寸法に応じて、機械加工された端部をd1の値まで加工する必要があります。これが適用される寸法は以下のとおりです。 フローティングベアリングブロックは、単に送りねじを支えるだけです。このタイプは、送りねじのふらつきを防ぐことはできません。
 
 
ボールベアリング (BB):
このサポートブロックは、モーターが使用されている場合など、高加速用途の場合には常に使用する必要があります。
 
 
_________________________________________________________________________________________
 
送りねじ端部加工の設計ヒント:
 
製品番号d1 mm                                                                                                                              
SLS-16-LL12
SLS-16-LL12
SLS-18-LL12
SLS-18-LL12
SLS-18-LL12
SLS-18-LL12
SLS-20-LL12
SLS-24-LL14
SLS-S16-LL12
SLS-S18-LL12
SLS-S20-LL12

► 最大荷重容量に関する注記: 送りねじナットの最大荷重を超えることがあります。
テクニカル データ

コンサルティング

お気軽にお問い合わせください。

問合せ+技術相談

電話:

月~金 8:30~20:00

メール:

24時間

"igus", "energy chain systems", "energy chain", "e-chain systems", "chainflex", "iglidur", "igubal", "drylin", "readychain", "triflex", "robolink", "easy chain", "motion plastics"は、igus GmbHの登録商標です。"dry-tech", "ジッパー", "isense", "smart cable chainflex", "e-skin" は、イグス株式会社の登録商標です。“xiros“, “e-loop“, “CFCLEAN“はイグス株式会社の商標です。

igus® GmbH points out that it does not sell any products of the companies Allen Bradley, B&R, Baumüller, Beckhoff, Lahr, Control Techniques, Danaher Motion, ELAU, FAGOR, FANUC, Festo, Heidenhain, Jetter, Lenze, LinMot, LTi DRiVES, Mitsubishi, NUM, Parker, Bosh Rexroth, SEW, Siemens, Stöber and all other drive manufacturers mentioned on this website. The products offered by igus® are those of igus® GmbH.