連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

チェーンフレックスケーブルの分類(クラス)

チェーンフレックスを負荷レベル、ストローク長、耐油性、捻回角度に応じて分類していますので、簡単にケーブルを選定できます。 数字が高くなるほど性能が上がります。
 
例: 機械的な負荷が高い場合のケーブルを探している。 フリースパン走行またはスライド走行で、ストロークは最大100m。 加えて、DIN EN 50363-10-2の耐油性能が必要である。ねじれ特性は不要。
 
最適クラス選定は:
 
負荷レベル: 6 ストローク長さ: 5 耐油性: 3 捻回: 1
この結果、最適なクラスは「クラス 6.5.3.1」となり、各製品別ページで確認できます。

負荷レベル ストローク長さ 耐油性 捻回(ねじれ)
1~7 1~6 1~4 1~4
負荷レベル 低い 1 2 3 4 5 6 7 最も高い
ストローク長さ フリースパン走行 1 2 3 4 5 6 400 m +
耐油性 なし 1 2 3 4 最も高い
捻回(ねじれ) なし 1 2 3 ±180°

チェーンフレックス クラスの4分類

負荷レベル  
負荷レベル(曲げ半径および最高走行速度)
1~7

1: フレキシブルーケーブル
2: 高フレキシブルケーブル
3: 特殊設計(多層撚りなど)ではないエナジーチェーンに適したケーブル
4: エナジーチェーンに適した特別な構造のケーブル、標準的な負荷に対応、最小曲げ半径7.5xd、最高速度3m/s
5: エナジーチェーンに適した特別な構造のケーブル、高負荷に対応、最小曲げ半径6.8xd、最高速度10m/s
6: エナジーチェーンに適したケーブル、最高負荷に対応、最小曲げ半径5xd、最高速度10m/s
7: エナジーチェーンに適したケーブル、最高負荷に対応、屋内/屋外でのアプリケーション、最小曲げ半径4xd、最高速度10m/s以上。

ストローク長さ  
ストローク長さ
1~6

1: フリースパン走行
2:スライド走行、最大10m
3: スライド走行、最大20m
4: スライド走行、最大50m
5: スライド走行、最大100m
6: スライド走行、最大400m

1: 耐油性なし<br> 2: 耐油性 (DIN EN 50363-4-1準拠)<br> 3:耐油性 (DIN EN 50363-10-2に準拠)<br> 4: 耐油性 (DIN EN 60811-2-1準拠)、バイオオイル耐性 (VDMA 24568準拠)  
耐油性
1~4

1: 耐油性なし
2: 耐油性 (DIN EN 50363-4-1準拠)
3:耐油性 (DIN EN 50363-10-2に準拠)
4: 耐油性 (DIN EN 60811-2-1準拠)、バイオオイル耐性 (VDMA 24568準拠)

捻回(ねじれ)  
捻回
1~3

1: 捻回性能無し
2: ± 90°/1m
3: ± 180°/1m

理論的には、クラス1.1.1.1が最安値、クラス7.6.4.3が最高値になります。

チェーンフレックスの「クラス(分類)」とは?

イグスは25年以上にわたって、エナジーチェーン専用の可動ケーブル「チェーンフレックス」を供給してきました。チェーンフレックスの最大のメリットは:
機能の高い信頼性です。
すべてのエナジチェーン内で使用されるケーブルチェーンは、非常に小さい曲げ半径、高頻度、狭い設置スペース、多様な薬品による影響、高加速といった過酷な要件に対処しなければなりません。
イグスは社内基準に基づき、テクニカルセンターと自社試験施設で基本的なケーブルの品質試験を実施しています。 これらのチェーンフレックス品質試験には、それぞれの「クラス」への割り当てにつながる一連の試験も含まれています。

1. チェーンフレックス基準 - 「材質」

チェーンフレックスの量産に使うために提案される材料は、代表的なケーブル固有の標準テスト(屈曲試験、経年劣化、摩耗、耐薬品性、難燃性)に加えて、多くの耐久試験をクリアしなければなりません。 これらの試験プログラムは最長3年間継続することがあり、常にエナジーチェーンに収納した状態又はエナジーチェーンの動作に基づきます。

屈曲試験 エナジーチェーン内、室温にて、スライド走行およびフリースパン走行。

屈曲試験エナジーチェーン内、氷点下の温度にて、8m/sのスライド走行(材質に応じて最低-40℃)。

屈曲試験 エナジーチェーン内、様々な液体中で、約0.5m/sのスライド走行。

摩擦試験チェーンフレックス材質と組み合わせた摩擦テスト。

3. チェーンフレックス基準

これらのテストプログラムは、認定機関による標準仕様に基づき、これに沿って実施されます。

試験施設

イグスは現在、エナジーチェーンとケーブルの試験施設を1,030㎡まで拡大しました。 新しい標準製品やカスタマイズしたエナジーチェーンが、70以上の試験台で継続的にテストされています。

 

2. チェーンフレックス基準 - 「設計」

事前に設定した目的(ダブルストロークなど)に応じて、これらの試験プログラムは1~3年間継続することがあり、常にエナジーチェーンに収納した状態又はエナジーチェーンの動作に基づきます。

屈曲試験 エナジーチェーン内、室温にて、スライド走行およびフリースパン走行。カタログで後に定義されるよりもかなり小さい曲げ半径でテストします。

屈曲試験 エナジーチェーン内、設計と材質に応じて-40°C~+60°Cの温度範囲で、スライド走行。カタログで後に定義されるよりもかなり小さい曲げ半径でテストします。

捻回試験 長さ1mのトライフレックスを使用した捻回試験台で、捻回ケーブルを±180°/mでテストします。

捻回試験 6軸ロボットに使われるトライフレックスの可動プログラムでテストします。

4. チェーンフレックス基準 - 「製品の最適化」

設計と材質の複数年の品質試験の後、製造の際の公差をできるだけ小さく抑えるために、製造工程が機械レベルまで定義されます。 ケーブルは当然、連続生産から体系的かつ継続的にサンプリングされ、ロットテストを受けます。 イグスのロットテストでは:

チェーンフレックスケーブルに関する製造パラメータの記録とレビュー。

エナジーチェーン試験台にて、短く高速のストロークでの屈曲試験を実施。


約1,000型式もの可動ケーブルの選定を簡単にする手段として、イグスは上記のような一連のテストに基づく新しい「クラス」分け、およびケーブル基準を導入しました。
この「クラス(分類)」に基づいて、特定の用途に向けたケーブルを素早く簡単に選定することが可能になります。 「クラス」は想定される負荷レベル、ストローク長さ、必要な耐油性/耐薬品性を示しています。