連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

ケーブルの外被材質

ケーブルの外被材質は、ケーブルが直面する機械的負荷、温度、化学物質など様々な不利な条件からケーブルを保護します。 イグスのチェーンフレックス可動ケーブルは、PVC、PUR、TPE外被を提供しています。 そうすることで外被材質の混合が要件に適合し、低粘着性かつ高耐摩耗性であることを確実にしています。 お客様は用途や外部条件に応じて、異なる外被材質から選択が可能です。
 
PVC外被は最も経済的な外被材質で、性質上、低負荷向けに設計されており最適な周囲温度は+5°C~+70°Cです。 イグスのすべての外被材質同様、PVCはエナジーチェーン内で使用するための耐摩耗性に優れる混合材です。 一方、PURはノッチ対策かつに優れ、工作機械内での使用に理想的です。 さらに、温度範囲は-25°C~+80°Cと幅広く、耐紫外線性に優れています。 対照的に、TPE材質は最も高い耐紫外線性、耐油性および耐バイオオイルを実現しています。 使用温度は-35°C~100°Cです。
 
PVC PVC (ポリ塩化ビニル) は、非常に汎用性の高い熱可塑性材料であり、その化学構造と材質の低燃焼性のため、フローラインおよび組立ラインだけでなく、包装技術や照明技術でもよく使用されています。強度と絶縁性に優れるため、PVCケーブルは薄い絶縁体としても普及しています。 PVCは水分や海水への耐性もあります。 PVCケーブルで火災が発生した場合、外被材質に含まれる塩素などの添加物からハロゲンが放出され、人体に危険を及ぼす可能性があります。
 
低電圧域 (最大1,000V) では、PVCは費用対効果の高い材質としても知られています。 イグスは非耐油性、および耐油性コンパウンドのPVCケーブルを提供しています。
 
PUR 一方、PUR (ポリウレタン) は、ハロゲンフリーで自己消火性のある熱可塑性エラストマーであり、近年のケーブルの中でも重要性が高まっています。 ある温度までは、PURはゴムのような高い弾性を持っており、この性質により曲げに非常に強いため、ケーブル用としては非常に興味深いものとなっています。 強靭な外被材質には、ノッチ強度、低摩耗値、冷間柔軟性などの特性があります。 さらに、他の材料と比較して、PURは本質的に耐薬品性に優れています。 イグスのPURケーブルは、耐油性・耐クーラント性があり、その構成上、火災時に危険となりうる有毒なハロゲンを一切含んでいません。 PURケーブルは、工作機械、プラント建設、セメント工場、塗料産業、自動車産業などで使用されている材質です。
 
TPE TPEとは、熱可塑性エラストマーの略で、多数の小分類の総称です。 TPE-U材料は、主に耐屈曲ケーブルに使用されており、機械的な負荷に非常によく耐え、薬品や温度などの外部からの影響に対して高い耐性を持っています。 TPEは一般的に-35℃〜+100℃の温度範囲に適しています。 さらにTPEはハロゲンフリーです。 ハロゲン物質を添加することで難燃性材質としてのTPEも製造可能であり、UL 94-HBに適合しています。 過酷な環境条件あるいは連続動作では特に、これらのケーブルはエナジーチェーン内で使用されています。 TPEケーブルは、クレーン、マテリアルハンドリング、低温環境での用途で普及している材質です。
 
チェーンフレックスケーブルのソリューションとその用途分野は、要件やアプリケーションと同様に多様でユニークなものです。