連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

ケーブルのシールド

各電気ケーブルは、原則として、カップリング効果により電磁干渉を引き起こしたり、その影響を受ける可能性があります。電磁適合性 (EMC) を確保するため、ケーブルには電気的シールドを施さなければなりません。この保護効果は、何よりも、シールドのいわゆる光学的カバーの表示によって示されます。 これはシールドで光学的に覆われている部分です。 例えば、ケーブルのシールドに銅はくを使用している場合、銅はくはチューブのような働きをするので遮蔽率100%と言えます。 シールドが編組されていたり、ワイヤーで囲まれていたりすると、箔とは異なり、動きに影響を受けないというメリットがあります。 しかし、各シールドワイヤーの間に小さな隙間があるため、遮蔽率は下がるというデメリットもあります。
 
直動ケーブルでは、高い遮蔽率と最適な編組角度を持つ編組シールドが最適なソリューションであることが分かっています。 他方、捻回ケーブルの場合には、スライド材質上に遮蔽シールドを施したものが最適です。遮蔽による最良の結果は、編組遮蔽率90%です。


コンサルティング

お気軽にお問合せ下さい

問合せ+技術相談

電話:

月~金 8:30~20:00

メール:

24時間