連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

高荷重下での揺動、回転

木材加工に使われる高性能ポリマー

木の粉塵、高い圧縮力、そして高温 : ベニヤ合板機に使われるベアリングの周辺環境には、高度に過酷なものがあります。高負荷条件下でも、イグスの樹脂製ベアリングは、その特性を発揮します。 ベニヤ合板技術の全てを網羅する唯一のメーカーであるKuper GmbH社(ドイツ)は、同社の新しい発電設備の重要な部位である圧力バーにイグリデュールGベアリングを採用しました。

メンテナンスフリーのベアリング

過酷な使用環境であるため、圧力バーへの要件は、設計者にとっても設備のユーザーにとっても非常に厳しいものとなっています。最終的には、圧力バーは、バー自体の重量をのぞいた、20,000Nの圧力に対応しなければなりません。 これは他の多くの条件の中でも、押圧によるバーの屈曲が発生することもあるため、簡単に満たされるものではありません。 このベアリング機構が担う機能の一つは、湾曲の補正です。メンテナンスの際、ベアリング機構へ作業者の手が届きやすいようにするため、Kuper社は、新しい機械では機構の角度を変えられるような設計を取入れました。圧力バーは、オペレータに対して90度向きを変えられるようになっています。 圧力バーには、新しいベアリングを採用。樹脂製ベアリング、すなわちイグスのイグリデュールG (タイプGFM 90-95-100)を採用。これを分割して、60mmの長さにして設置しました。 このソリューションは、実際の使用で特性を発揮しました。接着パーツが直接、作業者に向かって回転するので、機械の清掃およびメンテナンス作業がしやすくなりました。 ベアリングは分割されているので、圧力バーの組付け、取外しも簡単です。またイグリデュールベアリングのすきまが、バーの熱膨張と屈曲を効果的に調整します。 ここでの荷重は、ベアリングおよびその材質が持つ最高許容値に達することはありません。イグリデュール製ベアリングは許容荷重にまだ余裕があり、作業巾4000 mm、荷重25000Nまで可能です。 イグリデュールGベアリングはKuper社が最初に選んだベアリングです。理由は、優れた耐食性と、ひっきりなしに発生する木屑や切粉に対する耐性を備えているためです。 メンテナンスフリーで無潤滑運転が可能なイグリデュールベアリングは、「高性能」潤滑油によってその機能が保証されています。その潤滑性は材質の基盤に組み込まれているため、ベアリングの寿命が尽きるまで、 潤滑油もしくは油脂を塗布する必要がありません。メンテナンスフリーで継続的に潤滑運転が可能になります。これは、汚れや粉塵を介する環境にとっては、必要不可欠な特性といえます。

樹脂製ベアリング、合板製造機 樹脂製ベアリング、合板製造機

常に一定の摩擦係数を維持し、長期使用が可能

イグリデュールGベアリングでは、表面圧力100 Mpaで、わずかな樹脂のゆがみが検出されます。 この高い圧縮圧力への耐性はKuper社が圧力バーベアリングに課した要件の中にも見られます。このベアリングはそれゆえ、高い圧力の吸収にも優れているのです。なぜなら荷重が高くなるに従い、摩擦係数が低くなるという特性を持つからです。 最後に、技術データーだけでなく経済性に関するデータについても記しておきます。イグリデュール製ベアリングは標準の金属ローラーベアリングや、ボールローラーガイドと比べて、明らかに経済的といえます。加えて、このベアリングはメンテナンスフリーでかつ保持時間も長いため、メンテナンスサービスにかかる費用も抑えることができます。例え、高負荷環境で長期間使用する設備であっても、安定的な摩擦係数を保ちます。

その他の使用事例

その他さまざまな分野での使用事例は、こちらをご覧ください。