連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

回転、傾き、折り畳み、スライド - メンテフリーで快適な窓・ドア・ファサード

高品質な接続部品内でのイグスの軸受

商業ビルや公共建築の建築家の間では、WSS Wilh. Schlechtendahl&Söhne社は、窓、ドア、ファサード向けの高品質な接続部品の開発および製造で知られています。 これらには、メンテナンスフリーのイグスのすべり軸受が使用され、接触部の高い面圧や幅広い環境の影響、100万を超える手動操作に耐えるという厳しい要件を満たしています。
 
ドイツのハイリゲンハウスに、鍵やハードウェア技術の企業が集中し、メカトロニクスに特化した独自の大学キャンパスもある、ユニークな地区があります。 この地域のメーカーの中には、世界の自動車産業にカーロックを供給している企業もあれば、サービスエンジニアリングの構築に取り組んでいる企業もあります。WSS Wilh. Schlechtendahl&Söhne社もその一つです。

高品質とイノベーション

Established in 1906 and employing about 350 employees in Heiligenhaus, the company first specialised in fittings for windows, doors and gates but, for around 20 years, has been a supplier of facade components – and, with its wide range of products, is clearly in the premium segment in terms of quality and innovation.
 
Dipl.-Betriebswirt Robin Fasel, CEO of WSS: "We develop and supply components with which elements of the building shell can be opened. " Many well-known and architecturally sophisticated buildings have fitting systems from WSS – for example, the headquarters of Daimler and Sony in Berlin, the GAP 15 office building in Düsseldorf or the eye-catching "Colorium" in the media harbour there and the Telekom office tower in Bonn.
 
For these and many other buildings WSS has developed customised fittings for lowering, folding, turning, exhibiting and moving façade elements. No less challenging is the catalogue range of the company, which in addition to various window fittings includes, among others, panic locks with electronic handle control and roller bands of heavy fire protection and emergency exit doors.

トレンド: 高い可視性、重い重量、高い快適性

それゆえ、次のような傾向が見られます。Robin Fasel: :「窓とドアの面積はますます大きくなり、部屋には光があふれています。 これは、特に複層ガラスがエネルギー効率の点から標準になっている為、窓やドア自体は重量が増していること意味します。 しかしながら同時に、ユーザーは開閉時の快適さを期待し、重量が感じられてはいけません。」
 
これらの条件の下、Giovanni Zaccariaが率いる設計開発チームは、接続部品を開発しました。その機能は、部品に近づいてじっくりと観察するか、その複雑な動きをトレースして確認するか、各コンポーネントの動きにかかる力を考えたときのみに明らかになります。

すべり軸受への高い要件

たとえば、ドアや窓の接続部のヒンジに取り付けられた軸受があります。Giovanni Zaccaria:「最大250kgの全重量が下部ベアリングの数平方ミリメートルのフランジに作用します。 さらに、窓が開いているときは転倒荷重がかかります。」 しかし、ベアリングは簡単にスムーズに動くことが必要で、 何よりも、摩耗してはいけません。お客様やユーザーは、基本的に接続部品は数十年にわたり、メンテナンス要らずで動作することを期待しています。
 
イグスのベアリングはこれらの条件下でその真価を発揮しています。 アプリケーションに関わらず、WSSの設計エンジニアはイグリデュールGまたはイグリデュールJの軸受を使用しています。 この2材質は、自己潤滑性のある高機能ポリマーで、全耐用年数にわたりすべり特性に優れ、潤滑剤を必要としません。

ベアリング

不利な環境条件

WSSで最もよく使用されるイグリデュールは、ブッシュとつば付ブッシュです。 特に内径6~12mmのものが使われます。 それらは、何年もの間紫外線に晒されても、脆くなることなく完璧に作動しなければなりません。 WSSによって設計された、イグスの軸受を含むコンポーネントは、湿気や、-30°Cの低温や80°Cの高温、海風にも影響を受けてはなりません。
 
これらの要件は、ファサードの接続部品やWSSのカタログ製品(例えば、クランプヒンジ、重量のある緊急出口および防火ドアのヒンジ、高品質で頑丈なガラス接続部品など)や、もちろんイグスの軸受にも要求されます。

ベアリング

測定可能な摩耗なしで、100万サイクル

「Bau 2015」で、WSSはパラレル開閉ウィンドウ用の新しい接続部品を発表しました。ここではイグスのベアリングは、回転ではなく直線運動をサポートしています。 ベアリングを含む接続部品は、包括的な一連の試験を受けました。 35名の技術者とエンジニアがいる設計部門には、試験施設があり、そこでは新製品が異なる環境条件の下で最大6ヶ月間の可動試験を受けます。 イグスのベアリングは、常に期待通りの性能を発揮しています。Giovanni Zaccaria:「100万回のサイクルを経て試験を終えても、ブッシュの摩耗を検出することはありません。高荷重や偏荷重にもかかわらずです。」 “
 
イグリデュールのコンポーネントはそれゆえ、その品質や耐久性、メンテナンスフリーというWSSの高い要件を満たしています。 建築家は、WSSの接続部品にこれらの特性も期待しており、部品はその期待に応えるだけでなく、しばしばそれを上回ります。イグスのベアリングはこれに貢献しています。

wss

詳しい情報:

ファサード・システム

インテリアやエクステリア向け球面ベアリング: 軽量、低コスト、どんな天候でも長寿命

24時間以内に出荷可能 (※20個以上の場合納期が変わります。) すべり軸受「イグリデュール 」製品一覧

イグリデュールすべり軸受の用途別製品一覧、耐高温、耐薬品、食品との接触など


24時間以内に出荷可能 (※20個以上の場合納期が変わります。)