連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

マイナス8度のコールドメタルシート

矯正加工技術に使用される、メンテナンスフリーの樹脂製ベアリング

正確且つスピーディーに矯正:これこそ正に、板金加工用機器に要求される性能をすべて満たしてるといえるでしょう。洗練された矯正加工技術により、お客様の可能性が広がります。 耐摩擦及び対摩耗性に優れた樹脂製ベアリングの使用で、機械技術面の向上と経済面におけるコストダウンが実現。 これらのベアリングは、汚れにも強い上にメンテナンスフリーであることから、非常に厳しい使用環境にも対応します。

「予め穴が空けられたミリメーターの薄さの半完成品シートから、クラッチ製造、50mmまでの厚さのカット部品まで、当社は様々な製品をこの故障知らずの機械から作り出しています。 かつてないニーズの高さと非常に精巧な製品の出来栄えに満足しています。」と、Kohler Maschinenbau社(独Friesenheim)材質管理部門マネジャーのHelmut Kunz氏は話します。 「1963年の創立以来、当社はシートメタル産業の矯正機のメーカーとして確固たる地位を築いてきました。 「今日では、約130人の従業員でだいたい2500万€程の売上高を誇ります。

1966年に最初のパンチ部品用矯正機を製造したことで、当社の製品レンジが拡張しました。80年代には、大型直線矯正機の開発・製造及び、スチールプラント産業、及び自動車業界への参入をはたしました。 長さのある部品や、プレス機の内部での送りを補助する、搬送ライン用機械部品の製造も行っています。 「世界中で5000台以上の直線矯正機を供給しているメーカーとして、当社は矯正機及びコイルハンドリングの分野で多くのノウハウを蓄積しています。」とHelmut Kunz氏は言います。

コンベヤのスタートから終わりまで、イグス(独 ケルン)が手掛ける1,400個の無潤滑イグリデュールローラーが採用されており、スムーズな搬送用ローラの送りが実現しています。 コンベヤは部分的にコーティングされたり、オイルが塗られたりしています。

シートメタルワーク:技術を上げてコストを下げる

各方面からのシートメタルワークの需要の高まりを鑑みると、矯正機械が益々重要視されてきたことがことがうかがえます。 これは1つには、歪みの無いフラットな製品に対するニーズの高まりを受けて、精密性の高い装置が求められていることが理由としてあげられます。 更にもう1つの理由として、強度の高いスチールが多く使われるようになり、その製造に特化した機械が必要となってきたことも挙げられます。 材質の品質を落とすもう1つの理由。

「これらの要因によって、高性能機械に対するニーズは益々高まっています」とスペシャルプラント製品マネジャーのGünter Keller氏は話します。 「我々はコスト面にも注目しています。もちろん、品質を落とすことなくコストを下げることについてです。」 「これは、組立て式が増えてきた標準品と、特注品の両方に影響を与えます。」 「日々の営業活動において、当社の強みである特注品生産に焦点を当てた、もっと自由な売り込みが求められるのです。」とGünter Keller氏は端的に説明します。 「我々は常に、標準品と特注品の双方をバランス良く提供しなければなりません。」

サポート付き軸メンテナンスフリーの「ドライリンR」 リニアガイドシステム。 標準タイプのボールベアリングと寸法互換性があります。

樹脂製部品を多く採用

シートメタル加工用矯正機への投資は、長い目で見て割りに合うものでなければなりません。 樹脂製部品の採用で、加工や穴あけ工程でシートメタルにかかる負荷の殆ど全てが取り除かれました。それにより、メタルシートの品質が高まり、更なる加工も容易になりました。摩擦・摩耗面共に最適化されたプラスチック製ベアリングを使用することで、さまざまな技術的な問題点が解決されました。 長年、イグス(igus®)(独:ケルン)が手掛ける多くの機械部品が、Kohler Maschinenbau社の様々な製品に使われてきました。採用部品には「イグリデュール®G」製ポリマーベアリング、「イグボール」ピローブロックベアリング、「ドライリン」リニアガイド及び「イグリデュール」ベルト送り用ローラーがあります。また、「ドライリン SHT」スピンドルリフトテーブルも使われています。高機能機械及び装置に動力を送るため、同社は樹脂製エナジーチェーンも使用しています。 イグスは約 80,000 点に及ぶ製品を在庫しています。最少注文量の設定はありませんので、1個からお届けいたします。 「リニアガイドから樹脂製ローラーまで:われわれは常に、 無潤滑で耐食性に優れた部品の使用を考えています」と Günter Keller氏はいいます。

「当社の機械をお使い頂くことで、究極的な信頼性を手にしていただくことができます。」と設計エンジニアのLothar Hug氏は言います。 「お求めいただいた装置が、お客さまのところで正しく設置されることで、問題なく可動し続けることができるのです。」 「1日3~4交代の稼動が、1週間1日も休み無く続きます。 樹脂製部品が使用されている環境は様々です。 「現在進行中の、航空宇宙産業関連プロジェクトでは、当社はメタルシートを-80℃で矯正しています。 結果として、多くの結露が機械に生じています。 もう1つの例は特殊合金で、これは900℃に冷却されたときのみ矯正が可能です。」と設計エンジニアは言います。

湿気と燃えかす

これに加え、気候条件も様々です。 40~45℃の環境温度及び95%の湿度で、-20℃の時と同様、故障することなく機械が稼動しなければなりません。 しかしながら、燃えカスやスムーズな回転や滑り動作に必要な潤滑油が機械装置につき、最大の懸案事項となっています。 イグスの「ポリマーベアリング」はこれらの過酷な使用環境においても、問題なく使用できます。 「イグスの樹脂製ベアリングは、長時間稼動が可能で、メンテナンスフリー及び汚れに対する耐性保持という点から考えても、購入当初から元が取れるといえるでしょう。」

設計エンジニアの Lothar Hug氏は次のようにも言います。「我々がつくる装置は限られたスペースにも設置されるため、顧客、特に自動車産業の顧客にとって、メンテナンスと修理の頻度は重要な意味を持ちます。 ポリマーベアリングは無潤滑であり、更に汚れに対する耐性を持つため、メンテナンスや修理に費やされる時間を殆ど0にまで減らすことができます。 当然、このことは顧客に対して大きなセールスポイントとなります。」
最近、全長がわずが13.50m機械を自動車業界のために設計しました。 非常に限られたスペースに設置されるため、メンテナンスが容易なことが最重要課題でした。この要件は、イグスの樹脂製 滑り軸受の使用で解決しました。

固定穴付き「イグボール(igubal®)」 フランジ型ベアリング及び、摩耗性に優れた「イグリデュール」ベルト送り用ローラー(フロント)。

優れた耐摩耗性を備えたポリマー

「側面ガイドの汚れは、我々に取って頻繁に話題にのぼる懸案事項です。」と Günter Keller氏はいいます。 オイルが機械のあちこちに付着しており、ベルトがところどころべとついています。この過酷な使用環境で、サポート軸付きのドライリン(drylin®)Rリニアガイドベアリングが8個使われ、ガイドシステムとして機能しています。 これらのベアリングには、リニアガイド用に特別に開発された、耐摩耗性に非常に優れたポリマーが使用されています。 標準タイプのボールベアリングと寸法互換性があります。 特別な外形で、過酷な環境での運転に際しても、その堅牢性は保証されています。 これに加え、高負荷対応であることも特長として挙げられます。 「ここで我々は、サプライヤーに柔軟性を求めます。

側面ガイドの設計へ注がれる熱意は取り分け大きいのです。 これに加え、ハイレベルの製造技術が求められます。 「標準装置においては、イグスとの強力関係を強めています。」 完全なシステムとして納入された側面ガイドを備えていますが、それは単にフランジで取り付けられたものです。これはつまり、当社は設計や部品製造及び組立てにおいて悩む必要が無いことを意味します。 「技術的面及び経済面における恩恵は、全体の50%に留まります。」というのが Lothar Hug氏の考えです。 “つまり、この装置の導入はあらゆる面で我々に良い結果をもたらしています。」

側面ガイドに使用されているドライリンR” リニアガイド 汚れと、オイルの付着という面で、使用環境は劣悪と言えます。

ひっかき傷なし

コンベヤのスタートから終わりまで、イグス(独 ケルン)が手掛ける1,400個の無潤滑イグリデュールローラーが採用されており、スムーズな搬送用ローラの送りが実現しています。 これにより、技術面の改良がいくつかもたらされました。 「コンベヤは部分的にコーティングされたり、オイルが塗られたりしています。イグスが開発したこの特別な樹脂は耐食性に優れているため、摩耗や引っかきやその他の要因によるダメージは受けません。 「表面は完璧な状態が保たれています。」とGünter Keller氏は言います。

「イグリデュール(iglidur®)G」 リニアガイド及び「イグボール」 ピローブロックベアリングが、直線矯正機械に使用され、さまざまな調整作業が行われています。 個々のベアリングはそれぞれのポジションでその強みを発揮しており、機械全体の安全性と高機能性向上の一翼を担っています。

矯正機械におけるポリマー製ベアリングは、他にもさまざまな用途で用いられています。 例えば、最初のステップとして、差込補助具を用いてコイルがリール上に設置されます。 「ここにある機械設備には高い負荷がかかります。そのため、矯正機械に大きな負担がかかるのです。」と Lothar Hug氏はいいます。 「当社が提供する、15tまで対応可能な組立済み旋回リングベアリングなら、そのような環境でも使用可能です。」とイグスの技術セールス担当Dominik Hartmann氏はいいます。 丈夫で高い負荷にも問題無く対応できます。 「最初の話し合いが既に行われました。」 「特注の機械装置を造る際には、お客さまにとって最善のソリューションを提供するために、部品サプライヤーの専門技術に頼らなければなりません。」とGünter Keller氏は言っています。

連続稼動時間が長く、負荷の高い環境で使用される機械設備に、イグスのイグリデュールGベアリングを。 650以上のサイズを在庫しています。

その他の使用事例

その他さまざまな分野での使用事例は、こちらをご覧ください。

コンテスト「マヌス」へ