連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

チェーンフレックス バスケーブル CFBUS.PVC

  • 要件: 標準的な負荷に対応
  • 外被: PVC
  • 全体シールド
  • 耐油性: 耐油性(DIN EN 50363-4-1準拠)
  • 難燃性
  • 耐紫外線性
  • チェーンフレックス クラス: 4.3.2.1
製品情報
チェーンフレックス バスケーブル CFBUS.PVC
 
主な用途
  • 標準的な負荷に対応
  • 耐油性 (ミストオイル)
  • 屋内・屋外 (5℃以上)での使用
  • フリースパン走行および最大20mのスライド走行
  • ハンドリング装置、屋内クレーン、工作機械
無償交換保証向け耐用往復回数
さらに詳しく: チェーンフレックス 無償交換保証
往復数*  500万  750万  1000万
温度 最小曲げ半径 最小曲げ半径 最小曲げ半径
最低/最高 [°C] [係数 x d] [係数 x d] [係数 x d]
+5 / +15 15 16 17
+15 / +60 12,5 13,5 14,5
+60 / +70 15 16 17

* より多くの往復も可能 - このページの予測寿命計算機能をお使いください


 
バスケーブルの技術情報
 
チェーンフレックス・バスケーブルは、特にエナジーチェーン内での連続使用向けに開発・試験されています。
使用されている外被および構造により、バスケーブルの機械的性質や耐薬品性は異なります。

電気設計においては、各バスシステムの電気特性を満たしていること並びに、高レベルのEMC(電磁両立性)対策が重要となります。

電気特性の安定性は、連続可動に関わらず全耐用年数にわたり確保されます。
しかしながら、高い伝送能力は使われるケーブルだけに依存するわけではありません。
むしろ、すべての要素(電子部品、接続方法)の正確な選定と、各システムの最長伝送率を考慮することを必要とします。

信頼性の高い伝送はケーブルだけでは実現できません。
証明書と規格
耐紫外線性
標準的 シリコンフリー
シリコンフリー (PV 3.10.7準拠、1992年)。 UL/CSA AWM
スタイル 1598・2571、30V、80°C NFPA
NFPA 79-2012 12.9章により、UL(AWM)ケーブル使用許可 EAC
認定:no. TC RU C-DE. ME77.B.01218 CTP
認定:no. C-DE. PB49.B.00416 鉛不使用
RoHS-II指令(2011/65/EU)準拠 CEI
CEI 20-35準拠 クリーンルーム
ISOクラス1、CF240.02.24準拠の外被、IPA(14644-1)審査 CE
2014/35/EU準拠
テクニカル データ
アクセサリ
ダウンロード

コンサルティング

お気軽にお問い合わせください。

問合せ+技術相談

電話:

月~金 8:30~20:00

メール:

24時間