連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

樹脂すべり軸受・無給油ブッシュ「イグリデュール」 - 許容PV値



表02 : 熱伝導率 - 軸およびハウジング材質

材質 熱伝導率 [W/m x k]
スチール鋼 46
アルミニウム 204
ねずみ鋳鉄 58
SUS304 16
セラミック 1.4
樹脂 0.24


図09: 許容PV値の補正係数、間欠運転時 X = 運転時間 [分]
Y = 補正係数

A = 4倍
B = 3倍
C = 2倍
D = 1倍

図09: 許容PV値の補正係数、間欠運転時

表03 : 許容PV値の潤滑による補正係数

潤滑剤 補正係数
無潤滑 1
取付時 1.3
連続、グリス 2
連続、水 4
連続、油脂 5

PV値

樹脂製のすべり軸受にとって、面圧[p]と表面速度[v]の積である「PV値」は、摩擦熱の尺度として考えられ、ある用途へのすべり軸受の適合性を判断する際の手段になります。許容PV値は、軸材質、周囲温度、そして運転時間によって決まります。

許容PV値 :

許容PV値の計算式

記号は以下 :

K1、K2 熱放散定数
  (K1 = 0.5、K2 = 0.042)
s ベアリング肉厚 (mm)
b1 ベアリング長さ (mm)
μ 摩擦係数
λs 軸の熱伝導性
λk ベアリングの熱伝導性
ΔT (Ta - T u)
Tu 周囲温度
Ta 最高使用温度

補正係数

間欠運転は運転時間が短いため、すべり軸受が最高使用温度に達しなければ、許容PV値は大きくなります。運転時間が10分以下場合これが当てはまることが、試験で確認されました。
ここで重要なのは、運転時間と休止時間の比率です。休止時間が長ければ、軸受の冷却作用も大きくなります。図09のカーブはその関係を示しています(「3倍」とは、「休止時間が運転時間の3倍」を意味します)。

潤滑

イグリデュールは、無潤滑運転を前提として設計されていますが、通常の潤滑剤やグリスにも優れた適応性を備えています。組込み時に一度潤滑すれば、起動時の挙動と摩擦係数が改善され、摩擦熱の発生を抑えます。この潤滑効果によって、軸受の許容荷重は増加します。表03は、潤滑剤使用時のPV値の補正係数を示しています。