連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

樹脂すべり軸受・無給油ブッシュ「イグリデュール」 - 許容面圧



グラフ X = 温度 [°C]
Y= 許容面圧 [MPa]
グラフ 最大推奨許容面圧と温度の関係 X = 温度 [℃]
Y= 許容面圧[MPa]
 
グラフ X = 面圧[MPa]
Y = 摩耗量[μm/km]
 
中~高荷重下における摩耗量と荷重の関係

面圧

すべり軸受の荷重は、面圧 [p] (単位MPa) で表します(N/mm2と一致)。面圧は、ラジアル荷重と軸受の投影面積によって決まります。

ラジアルベアリング : p = F/d1 × b1

スラストベアリングの場合は以下となります。

スラストベアリング : p = F/(d22 - d12 ) × π/4

ここでは記号は以下を表します :

F 荷重 [N]
d1 ベアリング内径 [mm]
b1 ベアリング長さ [mm]
d2 ベアリング外径 [mm]

推奨最大許容面圧

イグリデュール材質の推奨最大許容面圧[p]、+20℃における静荷重。 推奨最大許容面圧は各イグリデュール材質ごとに大きく異なります。 推奨最大許容面圧[p]は、すべり軸受の面圧の限界を表し、損傷なく長期的に耐えられうる値となります。 値は静荷重に適用されるもので、動荷重では0.01 m/s以下のごく遅い速度にしか耐えることができません。 負荷時間が短ければ、これより高い荷重も可能です。 不明な点については直接お問い合わせください。
 

面圧と温度

図02および03はイグリデュールの温度と推奨最大許容面圧との関係を示しています。
 
温度が上昇すると、面圧は下降します。 イグスの計算ツールを利用して、イグリデュールすべり軸受におよぶ影響を事前に把握するか、あるいは試験で実際の温度をご確認ください。

面圧と速度

すべり軸受のラジアル荷重が減少するにつれて、許容表面速度は増加します。面圧[p]と速度[v]をかけた値(PV値)は、ベアリングの摩擦熱の尺度となります。 この関係は、各イグリデュール材質のPV図にて示されています。
 

低荷重下における摩耗量と荷重の関係 低荷重下における摩耗量と荷重の関係

面圧と摩耗

すべり軸受への荷重は、軸受の摩耗に影響します。以下のグラフは、イグリデュール材質の摩耗挙動を示します。これらの図から、荷重の高さに応じて最適な軸受があることが分かります。摩耗は摩耗量 [μm/km] で示されています。

面圧と摩擦係数

荷重が増すにつれて、摩擦係数は通常は減少します。この関係では、軸材質と軸表面も同じくらい重要です。