連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル15階

03(5819)2030
03(5819)2055

氷融解プローブに使われたイグリデュールすべり軸受は、氷河という厳しい条件にも負けません。

概要

  • 要望: 過酷な周囲環境でアイススクリューを確実に保持
  • 製造方法: 丸棒から加工
  • 要件: 耐水性、耐汚性、断熱性
  • 材質: イグリデュールA180
  • 産業: 研究開発
  • お客様のメリット: 過酷な条件で使える確実で強靭なベアリング

融解プローブ

あらゆる要件を満たすイグスの部品

「IceMole」は融解プローブ(融解探査機)であり、極地、氷河、そして長期的な目標としては地球外域の探査に使用される予定です。プローブは基本的に、アイススクリューが付いた加熱ヘッドと、計測器を収容できるアルミ製ハウジングで構成されています。アイススクリューのベアリング部は水や汚れへの耐性があり、断熱性も備えていなくてはなりません。ここで使われているのが、イグリデュールA180丸棒から機械加工した部品です。
 
融解ヘッドやIceMole側面のヒーターを部分的に制御できるシステムにより、氷に入る経路を溶かすことができます。 方向転換も可能です。  融解すると、氷の芯が中空のアイススクリューを通ってプローブの内部に入り、分析を行うことができます。アイススクリューによってプローブの融解ヘッドはしっかりと氷に固定され、加熱ヘッドと氷の間の熱伝導を最適化します。 さらに、アイススクリューによってIceMoleは氷と堆積物の「汚れた」層へと入り込むことができます。
 
 
 

氷の芯を取り出した氷融解プローブ

小さな設置空間向けの耐薬品性ベアリング

アイススクリューは融解ヘッドの中央に位置し、融解している間回転します。 その結果引張力が生まれ、これがIceMoleにとっての推進力として働きます。
 
カーブの際は、軸方向に対して垂直に大きな回転力が発生します。これをサポートするため、アイススクリューのベアリングは融解ヘッドの前面にあります。 そのため、ベアリングは水分や汚れへの耐性が求められます。
 
効率的に氷を溶かすには、アイススクリューと融解ヘッドの間のすき間は小さくなければなりません。このため、ベアリングの設置スペースが限られます。
また、融解途中にプローブ内部の氷の芯が溶けないよう、アイススクリューは融解ヘッドの熱の影響を受けないことも重要です。
 

イグリデュールすべり軸受を使った氷融解プローブ

イグスが提供するカスタムソリューション

小さな取付空間と高い断熱要件を満たすため、チームはIceMoleに樹脂製すべり軸受を採用することしました。 イグスは「イグリデュールA180丸棒製」のすべり軸受を推奨しました。この材質のベアリングは、吸湿率が最小なので湿潤環境での用途に最適で、耐汚性に優れています。 イグリデュールA180すべり軸受はさまざまな環境条件や、幅広い薬品とともに使用できます。  

その他の使用事例

その他の分野での使用事例は、こちらをご覧ください。