連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

「イグリデュール30周年ツアー」
56個のイグリデュール軸受を搭載した小型車が世界一周の旅へ

イグリデュール30周年記念の一環として、イグリデュールすべり軸受を搭載した小型車の世界ツアーを実施しました。
このツアーによって、ポリマー製すべり軸受の幅広い用途のみならず、イグリデュール製品の高性能を実証しました。 イグリデュールすべり軸受の歴史は、シンプルな樹脂ブッシュがハイテクな機械部品になる、樹脂技術の30年間を描いています。
イグリデュールすべり軸受の性能は、車に使われている各ベアリングによって実証されました。
 

その他の情報

イグリデュール・ツアー – 14ヶ月で30ヶ国を訪問 ...

イグリデュール・ツアー  

インド

インドでのイグリデュール・ツアー  

素晴らしい冒険の始まりです。 ニューデリー空港での終わりの見えない税関を抜けて、車はついにツアーをスタートしました。 北部のニューデリーから南部のバンガロールまで、80以上のお客様先を訪問し5,000km以上を走破しました。

冒険の始まり

インドでのイグリデュール・ツアー  

中国

中国でのイグリデュール・ツアー  

中国でのツアーは私たちにとって忍耐を必要とする最初の試練でした。北京からの承認はスタートのわずか数時間前に届きました。上海から南シナ海の青島まで行った後、北京に再び戻りました。 5,000km以上を走破しました。

中国を軽量な軸受と共に

中国でのイグリデュール・ツアー  

韓国

韓国でのイグリデュール・ツアー  

韓国は、私たちの車が込み入った問題なく走ることができた最初の国でした。 国中を縦横に走行する十分な時間があり、3,300km以上を走破しました。 ルートは北朝鮮との国境から、何百万人もの大都市ソウル、南シナ海の南端に及びました。

縦横に走行

韓国でのイグリデュール・ツアー  

台湾

台湾でのイグリデュール・ツアー  

台湾は世界ツアー中で最小の国にもかかわらず、小型車は2,700kmを走破しました。 お客様先へ向かう途中、車は深い熱帯雨林や緑の水田を通り抜け、標高3,000mの山を超え、現代的な大都市を走りました。 イグリデュール軸受は、超高湿度で30度を超える熱帯気候下でも問題なく走行しました。

ジャングルと高山

台湾でのイグリデュール・ツアー  

日本

日本でのイグリデュール・ツアー  

日本は世界ツアーの最東に位置するアジア最後の国でした。 私たちの小型車は、この島国を約5,200km走破しました。 日本の特徴として、ツアーは日本支社の同僚によって詳細まで入念に計画されていただけでなく、お客様先への訪問は分刻みで正確に行われました。複雑な承認プロセスを経て、東京という大都市から南の九州まで行った後、有名な富士山を超え、再度北の仙台(2011年に津波による甚大な被害を受けた)まで走りました。ここでは、走行1kmごとの金額が被災した子供たちを助けるNPO組織に寄付されました

伝統と近代

日本でのイグリデュール・ツアー  

ブラジル

ブラジルでのイグリデュール・ツアー  

私たちの車は南米、ブラジルでのワールドカップ開催にちょうど間に合って到着しました。 サンパウロやリオデジャネイロといった大都市での熱狂的なサッカー経験に加えて、多くのお客様先を訪問しました。 熱帯の北部から、アルゼンチンとの国境のある寒さと冬の南部まで走りました。 ときに非常に厳しい道路状態での甚大な走行距離も、私たちの車によって問題なく走破されました。 最終的に6,000km以上を走り、イグスのブラジル支社のあるジュンジアイ市にある子供病院に1kmあたり1€の寄付をしました。

サッカー熱とロングビーチ

ブラジルでのイグリデュール・ツアー  
サンフランシスコでのイグリデュール・ツアー  

アメリカ合衆国(USA)

アメリカでのイグリデュール・ツアー  

小型車の以下の軸受を、イグリデュール樹脂に置き換えました。

樹脂の利点 – 世界中で採用が進んでいます

軽量 (金属と比較して約7倍)

低コスト

カスタムメイド可能
 
自動車産業ページへ

 
シート : ロック/調節レバー
潤滑剤使用のPOM製ブッシュからイグリデュールJに置き換え

静音走行

簡単な取付

電着塗装により軸受のすきまが小さい

電着塗装によりすきまを最小化

冷間押し出し部品/パイプとの組合せ可能

無潤滑

 
コンバーチブルトップ : 可動部/ロック
グラスファイバーを用いた潤滑剤塗布のPA6複層金属ブッシュからイグリデュールGに置き換え

優れた耐食性

冷間押し出し部品との組合せ可能

電着塗装により軸受のすきまが小さい

簡単な取付

高い圧縮強度

無潤滑

 
サイドブレーキ
潤滑剤使用の鋼ブッシュをイグリデュールGに置き換え

異音なし

静音走行

取付けが簡単

無潤滑

 
ブレーキペダル
グラスファイバーを用いた潤滑剤塗布のPA6ブッシュからイグリデュールGに置き換え

異音なし

稼動音吸収

ラジアルキャンバー(上ぞり)による公差補正

無潤滑

 
シフトレバー
樹脂巻き金属ブッシュからイグリデュールP210に置き換え

ファイバー強化樹脂との組合せ可能

すき間が小さい

スムーズな動き

無潤滑

 
ウィンドウリフター
潤滑剤使用のPOM製ブッシュからイグリデュールJに置き換え

無潤滑

優れた耐摩耗性

静音走行

取付けが簡単

無潤滑

 
ワイパーリンク
潤滑剤使用のPA66複層真鋳ブッシュからイグリデュールJ260 に置き換え

優れた耐食性

汚れに強い

耐薬品性

繰返し曲げ強度に強い

性能に比べ優れた価格

無潤滑

 
スロットルボディ
PTFE複層アルミ製ブッシュからイグリデュールX6に置き換え

樹脂製シャフトが可能

耐薬品性

接触腐食なし

低価格

 
オルタネーター
金属ブッシュからイグリデュールGに置き換え

振動緩衝

優れた耐食性

頻繁な揺動動作にも高い耐摩耗性


 
世界ツアーではどの軸受が使われていますか?という質問に対する、自動車ベアリング部門産業マネージャーであるマーカス・フェスの回答 (developmentscout.comより) (ドイツ語)