連絡先
イグス株式会社

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1

アルカセントラル

03(5819)2030
03(5819)2055

エッジ加工機

 
manus® 2007

家具製造に新しい加工技術をもたらすのが、この使用事例です。 従来、標準品から外れた手のかかる加工形状は、手間がかかりすぎるため避けられてきました。 家具メーカーでは、切り出した形の、厚みがある、もしくは鋭利な端は、穴あけギリを使用して縁取りし、その後時間をかけて丸く削る手作業が必要でした。新しい機械を用いると、縁取り及び丸みを持たせる作業は一つの回転式装置で処理でき、巧みにカットされた縁部分ができあがります。

ここには、ドライリン リニアスライドを採用しました。 手動フィードキャリッジは、常に高い摩擦係数の中で、どの位置にも動くことができます。 このため、ワークピースに、他の器具や装置を用いず竪方向に圧力をかける作業を安全に行うことができます。転がり軸受では摩擦係数が低いため、それを抑える複合的な力か、グリッパーが必要となります。

Dr. クリストフ・へスラー氏、Dr. クリストフ・へスラー
機械システム社(独リューベッケ)

 
 
その他の使用事例
その他さまざまな分野での使用事例は、こちらをご覧ください。
コンテスト「マヌス」へ